エアアジアに乗り遅れたときは遅延証明書をもらっておくといいかも

タイトルからお察しの方もいるかと思いますが、去年の夏バンコク行きのエアアジアのフライトに乗り遅れるという大失態を犯してしまいました。

予約をしていたのはエコノミークラスで、エアアジア含めLCCではエコノミークラスの場合、基本的にはいかなる救済もないことはみなさんご存知でしょう。ただ今回私は遅延証明書を提示したところフライトを変更してもらうことができました。

レアケースかもしれませんが、同じような境遇に合われた方のために今回の私のケースを共有させていただきます。

目次

エアアジアに乗り遅れた理由

エアアジアに乗り遅れるまでのいきさつ

私が乗る予定だったのは、朝8時台の成田発バンコク着のフライトでした。始発で家を出て(都内の端っこに住んでいます。)、東京駅近くから出ている成田空港直行の高速バスを使えば、何とか間に合うだろうと考えていましたが、2つ想定外の出来事が発生しました。

乗車を予定していた高速バスに満員で乗ることができなかった

予約をしていなかった私の自業自得ですが、乗ろうと思っていた時間帯のバスが満員で何本かバスを見送ったため、この段階で予定到着時間が30分遅れてしまいました。

成田空港までの道路で事故渋滞に巻き込まれた

成田空港までの道中で車同士の大事故が発生しており、私が乗ったバスも渋滞に巻き込まれてしまいました。これはもう悪夢としか言いようがありません。

刻々と時間が過ぎる中、車内の他のお客さんもチェックインに間に合わないことにプチパニック状態で、中には口論を始めるカップルまで・・・。私も慌ててエアアジアのカウンターに電話し事情を説明しようとしましたが、その日は土曜日であったため問い合わせを受けつけていませんでした。

なす術もなく成田空港に着いたときにはもう出発の45分前。エアアジアは1時間前にチェックイン締め切りのため、必死にバスを降りてからチェックインカウンターまで走りましたが、目に飛び込んできたのはカウンターを閉め、去っていく女性スタッフたちの姿でした。この時は本当に失望しましたね。

遅延証明書の提示でフライトの変更が可能に

半ば諦めていましたが、ダメもとでチェックインカウンターから去っていくスタッフを引き留め事情を話すと遅延証明書があればフライトの変更が可能とのこと。

乗ってきた高速バスの運営会社に電話をすると、30分程で遅延証明書を持ってきてくださり、無事チェックインカウンターで変更手続きと支払いを行うことができました。

のアイコン画像

まあ実際には改めて買い直すのより、数千円程度安かっただけではありますが・・・

エアアジアはじめLCCのフライトに乗り遅れないために

エアアジアのチェックイン締め切り時刻を厳守

エアアジアの運送約款にはこのような記載があります。

予約の時点で明らかになる当該締め切り時刻に応じてチェックインを完了するのは搭乗者の責任とする。もしこれ以降にチェックインしようとしても、搭乗者にいかなる補償をすることなく、支払い済み運賃を返還する必要もなく、搭乗者のチェックインを拒否する権利を有する

エアアジア運送約款より

要するに「チェックインの受付終了時間に遅れたら何の補償もしませんよ」ということです。安さとサービスはトレードオフなのでエアアジアに限らずLCCの場合は仕様がありません。

そのため絶対にチェックイン開始&終了時間を事前にチェックし厳守するようにしましょう。

【国内線】

  • チェックイン受付開始時間・・・出発2時間前
  • チェックイン受付終了時間・・・出発45分前

【国際線】

  • チェックイン受付開始時間・・・出発3時間前
  • チェックイン受付終了時間・・・出発1時間前

チェックインカウンターでの混雑を想定し早めに行動する

日本の空港発の場合はウェブチェックインを済まし受託手荷物がない場合であっても、必ずチェックインカウンターに行き搭乗券を発行してもらう必要があるため、混雑を想定して早めに行動するよう心がけるのが肝心です。チェックインカウンターへの立ち寄り必須である場合に限り搭乗券(Eチケット)の右上に"FOR VERIFICATION OF ENTRY REQUIREMENTS" と赤字で記載されていますのでチェックしてみてください。

ちなみにエアアジアは海外の空港では、ウェブチェックイン後に印刷できる搭乗券(Eチケット)を持っていれば、チェックインカウンターに立ち寄らず、そのまま出国審査場に向かうことができるところも多く、その場合は右上にBording Passと記載されています。チェックインカウンターの長い列に並ばなくてよいので非常に便利で、国内発のフライトでも同じようにしてくれるとありがたいのですがね。。

エアアジアのチェックインに間に合わないことが判明した際にすべきこと

公共交通機関の遅延は運が悪ければだれにでも起こり得ます。ではもしチェックインに遅れることが確定した場合何をすればよいでしょうか。

公共交通機関の遅延であれば遅延証明書をもらっておく

私の場合遅延証明の提示をしたことで、フライトの変更に応じていただけました。実際のところは、新規で航空券を購入するのとさほど変わらない料金を支払う必要はあったものの、遅延証明書を持っていれば何かしらの救済の措置が取られる可能性があります。

もし遅延証明を下車する際にもらい損ねた場合は、利用した交通機関の運行会社を調べ電話してみるといいでしょう。私の場合はバスの運行会社のスタッフが親切に空港内まで遅延証明を持ってきてくれました。

できるだけ早めにチケットを買い直す

寝坊などで公共交通機関の遅延が関係なかったり、遅延証明書を提示しても何も救済措置が無かったりした場合はなるはやでチケットを取り直しましょう。

海外旅行によく行く人であれば想像がつくと思いますが、当日出発の航空券は非常に値段が高いです。しかし躊躇していると出発の時間に近づくにつれて更にどんどん値段が高くなっていってしまいますので、航空券の買い直しは早めに行うようにした方が良いでしょう。もうちょっと時間がたったら安くなるかもという幻想を抱いていると、あっという間に値段が数万円高くなることもあります。

エアアジアに乗り遅れないよう余裕ある行動を

当たり前のことではありますがエアアジアはじめLCCを利用する場合は、余裕をもって空港に到着できるよう事前のスケジューリングをしっかりしておくことが一番大切です。LCCのフライトは早朝便も多いと思いますので、心配であれば大江戸温泉物語や、空港に近いネットカフェなどを活用するとよいでしょう。また個人的な感想ではありますが、男性一人旅であれば、成田空港はさほど空港泊が苦にならないと思いますので、終電で空港まで行っておいて、空港で夜を明かすのもありだと思います。

しかし万が一電車、バスなど公共交通機関の遅延でフライトに乗り遅れた場合は遅延証明を念のためもらっておくことをお勧めします。その効力はどこまで期待できるかは分かりませんが持っていれば状況が少し変わるかもしれませんよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる