【バンコクで洋服を買う】バンコクの高感度セレクトショップ&古着屋

【バンコクで洋服を買う】バンコクの高感度セレクトショップ&古着屋

バンコクで洋服を買いたい時、いつもどこで買っていますか?

ウィークエンドマーケットや大規模モールに入っているようなショップ以外だと、中々お店を知らないという人も多いかと思います。

 

そこで私が実際に洋服を買ったことがある、おすすめのセレクトショップ&古着屋を僭越ながらご紹介させていただきます。

 

バンコクの高感度セレクトショップと古着屋3選

ROSEMANCLUB

 

View this post on Instagram

 

ROSEMANCLUB EYEWEARさん(@rosemanclub)がシェアした投稿

名前からして東京にも店舗があるFREEMANS SPORTING CLUBを想起させますが、特に影響を受けているわけではないようです。バンコクのROSEMANCLUBの店舗ではアイウェアだけでなく、洋服、アクセサリー、雑貨など幅広く取り扱っており、内装もインテリアなどからこだわりが伝わります。

 

アイウェアはクラシカルでありながらトレンドを抑えたデザインが多く、毎シーズン新しいモデルを発表しています。

 

タイのアイウェアブランドでありながら、生産は日本の職人が担っており、1本1本ハンドメイドで作らているのもこのブランドの特徴です。こうしたデザイン、クオリティへのこだわりを持っていながら、価格帯を15,000円程度に抑えているのがすごいですね。

 

オンラインショップは国外からの注文も受け付けており、配送も$19で行っているとのことですので気になった方はチェックしてみてください。

 

BANGKLYN

 

View this post on Instagram

 

Pat Bangklynさん(@bangklyn)がシェアした投稿

ここはお気に入りの古着屋で、5年以上前から定期的に訪れているのですが、個人的に品ぞろえ・商品のクオリティ的にバンコクの古着屋ではナンバーワンだと感じます。

 

オーナーが数年前に拠点をニューヨークに移したため、お店が閉店になるのでは心配していましたが、少し前に訪れたらいつも通り営業していました。ただ以前に比べるとオリジナルのリメイクアイテムなどは少ないようです。

 

インスタグラムの投稿を見ていただくと分かると思いますが、イーストハーレムにオープンしたニューヨークの店舗は既に様々なメディアで取り上げられ、N Hoolywoodデザイナーの尾花さんをはじめ、業界人も多く訪れるなど、現地でも注目を集めています。

 

ここのオーナーはヴィンテージや軍モノについての知識が半端ないことに加え、洋服のサイズが大きいときには「時間を少しくれればリサイズするよ」と言ってくれたり、雨がひどかったため閉めかけていた店舗を私のために開けてくれたりと、初めてバンコクの店舗を訪れた時から非常に親切にしてくれました。ニューヨークに行く機会があれば、是非イーストハーレムの店舗にも立ち寄りたいですね。

 

Indigo to Indian

 

View this post on Instagram

 

Indigo to Indianさん(@indigotoindian)がシェアした投稿

お店には国内外から集められたヴィンテージが所狭しと並びます。店名にもIndigoとついていますが、ヴィンテージの藍染めの布地を使ったオリジナルアイテムの製作なども行っています。

 

インスタグラムのアカウントでは商品紹介を頻繁にしており、ヴィンテージの洋服、インテリア、雑貨、マガジン、アクセサリーなどを幅広く扱っているため、古いものが好きだという方は物欲が掻き立てられること間違いなしです。

 

まとめ

私は古着が非常に好きなのですが、海外の都市で自分が好きなファッションのジャンルのお店を見つけられるととても嬉しくなりますよね。お店の人とも共通の好きなものがあることですぐに打ち解けられますし、おすすめのご飯屋さんやコアな観光スポットを教えてくれることもあります。

 

上記の3店舗のお店の店員さんも非常に親切で、取り扱っている商品もクオリティの高いものばかりなので、興味を持った方はグーグルマップを頼りに行ってみてください。(上記の3店舗とも普通の観光客であれば絶対に行かないような場所にあるので、迷わないようにご注意ください。)

 

今後もバンコクは定期的に訪れると思いますので、新しいお店をどんどん開拓していきたいと思います!