【レビュー】4シーズン対応のコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグ

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグを購入して半年が経ちました。持ち物を減らし身軽に生きていきたいというミニマリスト思考に至ってから、引っ越しのタイミングでベッドを捨て寝袋生活へ。寝袋って寝心地はどうなの?と思う人がたくさんいると思いますが、コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは快適そのもの。

のアイコン画像

布団に包まれている感じで寝心地がいいんですよね

今回は私と同じように寝袋生活を始めようか検討している人、キャンプなどアウトドアシーンでの利用を想定し寝心地の良い寝袋を探している人に向けて、このコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグのレビューをしたいと思います。またこのマルチレイヤースリーピングバッグと合わせて使いたいフォールディングマットの紹介もしているので是非チェックしてみてください。

目次

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグの仕様と寝心地

4シーズン対応の三層構造

アウトレイヤー、ミッドレイヤー、フリースの三層構造なので、季節に応じて重ねて使用するレイヤーの組み合わせを変更することで幅広い気温に対応できます。

colemanレイヤー
ネイビーのアウターレイヤー、ホワイトのミッドレイヤー、ライトブルーのフリースによって構成される3層構造

私も春秋はアウトレイヤーとフリース、夏はミッドレイヤーだけ、冬はレイヤーの3枚重ねといった形で季節に応じて使い分けをしています。

春夏用、秋冬用というようにシーズンによって使う寝袋を分けている人も多いかと思いますが、使わないシーズンの保管場所に困りますし、1つの製品で4シーズンに対応できてしまうのはかなりポイントが高いです。

洗濯機で丸洗い可能

寝ている間に汗や皮脂が寝袋につきますので清潔に保つためにも定期的な洗濯が必要です。寝袋によっては専門店でクリーニングに出さなければいけないものもありますが、コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグはレイヤーごとに自宅の洗濯機に入れて丸洗いすることができるのがうれしいところ。普段使いするものには、こうした日々のケアが楽なものがやはりいいですよね。

専用のショルダーバッグで持ち運び簡単

専用のショルダーバッグがついており、畳んで収納することができます。3レイヤーということもあり他の寝袋と比較するとやや嵩張るものの、約52×39×38まで小さくなりますので持ち運びは簡単です。

自宅の洗濯機でも丸洗いできますが、一気に洗濯したいときはコインランドリーを使うのが便利。大物の寝袋は持って行くのが大変ですが、このコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグであれば、ショルダーバッグに収納して楽に持ち込むことが可能です。

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグを半年使った感想

良かった点

3レイヤーということもあり他の寝袋と比較して寝心地がかなり良いです。寝袋は窮屈な感じがして嫌だという人もいるかと思いますが、ジップを閉めずに使うことができるので窮屈さはなく、床に布団を敷いて寝ているような感覚です。

悪かった点

フローリングの床に敷いて寝ていましたが、寝袋単体だと少し床の固さが気になります。固い床で寝ることは猫背改善など悪いことばかりではないのですが、睡眠の質の低下がベッドで寝ていた時と比べて少し気になりました。

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグと併用したいお手頃マット

フローリングに敷いて使う場合、コールマンのマルチレイヤ―スリーピングバッグ単体だと床の固さが気になったため、何か寝袋の下に敷いて使えるものは無いかと探してみたところ、以下の候補が見つかりました。

  • エアーマット・・・空気を入れ膨らませて利用するマット。使わない時は空気を抜いて丸めてコンパクトにできる。
  • フォールディングマット・・・クッション性のある素材でできた折り畳み式のマット。

私がおすすめしたいのはフォールディングマットエアーマットは何気に空気の出し入れに時間がかかりますし、空気を抜いた後も1kg以上の重量があるものがほとんどです。これに対しフォールディングマットは軽いものが多く、使いたい時、片づけたい時にすぐに対応できるのが魅力です。

イチオシはBUNDOKの10mm厚のフォールディングマット

BONDOKのフォールディングマット

価格が1,500円程度と有名ブランドのものと比較すると圧倒的なお手ごろ価格で、必要十分な機能性を備えてます。中国製ではありますが、株式会社カワセという日本の会社が手掛けているブランドとなっており安心感がありますね。

重さはわずか約315gで、広げた時のサイズが1800×600×10mm、素材はクッション性の高い軽量発泡ポリエチレン製となっています。クッション性を高めているのが凹凸の表面で、長期間使っているとつぶれてくるのでは?という耐久性への不安はありますが、この価格なら買い替えしやすいですし、数倍の価格のする有名ブランドのフォールディングマットでも同様なので仕方ないと思って割り切って使っています。

このマットをコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグの下に敷くことで、寝心地は抜群に改善します。1,500円で手に入れられる更なる快眠。本当に早く買えばよかったと後悔しましたので、是非併用をお勧めします。

コールマンのマルチレイヤースリーピングバッグは万能プレイヤー

寝袋なんて寝心地悪いのでは?という懸念を吹っ飛ばしてくれたコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグ。これ一つで全シーズンいけるので、1つ寝心地がよい寝袋が欲しいと検討している人には是非おすすめです。

ミニマリストに目覚め、物を減らすことに充実感を感じていたものの、ベッドを捨てるということは個人的には一つの大きな決断でした。ただ思い切って捨ててみて、寝袋生活に移行すると思った以上に快適で、より身軽に生きていくことが可能になったことに満足感を感じています。もちろんアウトドアシーンでの利用においてもコールマンのマルチレイヤースリーピングバッグはお勧めできますが、ミニマリスト思考の人にもぜひおすすめしたいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる