群発頭痛が完治?私の群発頭痛に関する体験談

群発頭痛が完治?私の群発頭痛に関する体験談

いきなりですが群発頭痛という言葉をご存知でしょうか。

おそらく自分自身か、周りの人が発症していない限り聞いたこともないでしょう。

 

この頭痛のしんどいところは、その痛みレベルが尋常でないことに加え、因がはっきり解明されていない点です。何か自分に原因があるのであれば、対処のしようがありますが、冷酷にも一定期間ごとに群発期が必ずやってくるのです。

 

私の場合も基本的に毎年冬の寒い季節になると発症していたのですが、ここ2年以上は発症しておらず、もしかしたら完治したのではないか?と淡い期待を抱いています。

 

この記事では、

  • 群発頭痛とは何か
  • 私の群発頭痛の体験談

を紹介します。

 

群発頭痛について

最初の発症

私が初めて群発頭痛を自覚したのは、大学2年頃です。

インターネットで調べて、自分の頭痛の症状が群発頭痛の説明に完全に一致していたため自覚したのですが、大学受験の時も同様の頭痛に悩まされていたような記憶もありますので、自覚がなかっただけでずいぶん前から発症していたのかもしれません。

症状が現れる時期

発症の頻度に個人差がある群発頭痛ですが、私の場合は基本的に毎年冬になると発症していました。毎年秋が終わりに近づき寒くなってくると、またあの頭痛がやってくると胸がドキドキし、考えるだけで緊張ほどでした。

具体的な症状について

まず右目に違和感を覚えるところから症状が出始めることが多いです。

ものすごく目を酷使したときになるような気持ちの悪さに襲われ、徐々に目の奥がズキズキしてきます。基本的にこの初期症状が起こり始めると、ほぼ100%でどんどん症状が悪化していきます。

その後徐々に首の後ろの筋が張って凝り固まったような感覚になり、吐き気も激しくなっていくのが、お決まりのパターンです。私の場合は本当にたまにですが、夜寝ているときに発症することもあり、頭痛で目が覚めるということも何度かありました。特に仰向けで寝ると発症することが多かったので、その時はずっとうつぶせで寝ることにしていましたが、睡眠時間が削られるのは本当にしんどかったです。

まわりの理解

母親や友人に自分の群発頭痛について話したことがありますが、母親に関しては最初この頭痛について詳しく説明しても、あまり深刻なものだと捉えてくれていないようでした。

頭痛のつらさは当人しか知る由がないというのは当たり前ですが、特に群発頭痛は発症者がそれほど多いわけでないことに加え、症状が出ていない時はいつもどおりの状態に戻るので、共感を得づらいのかなと感じます。

しかし私が正月などに帰省した時に、うつぶせで痛みをひたすらに耐えているのを目の当たりにして、その深刻さを分かってくれたようです。この記事を読んでくれている方は、群発頭痛の患者さん本人か、周りの方が群発頭痛の患者さんという場合が多いのではと推測しますが、もし周りの人が群発頭痛持ちだと分かったら、そのつらさを理解してあげてほしいと思います。想像できる痛さを軽く超えてくるようなレベルですので・・・。

症状が完治?

桜の開花が数日前に発表され暖かくなってきましたが、ここ2年の冬は一度も群発頭痛を発症しませんでした。なぜ何年も苦しんでいた群発頭痛がいきなり発症しなくなったのか、考えてみたいと思います。

発症しなくなった理由(個人的推測)

規則正しい生活を送るようになったというのが一番大きいと考えています。

大学時代は、夜更かしをすることもしばしばありましたが、去年の春から新社会人として働き始め、一定の生活リズムで健康的な生活を送るようになりました。この環境の変化というのが関係している気がします。

 

今年だけ発症せず、来年また発症するということも大いに考えられますので、油断は全くできません。しかし社会人1年目で、環境が大きく変化した年に群発頭痛が起きなくなったということについて何か意味があったのではないかと考え、今回記事にしてみました。群発頭痛は本当に発症すると、どうしようもないくらいしんどいですし、私の症状よりもさらに症状がひどく、苦しんでらっしゃる人もたくさんいると思うので、何かしら誰かの役に立つことがあれば幸いだと思っています。万が一群発頭痛が再発したらご報告しますし、治療や効果が出た予防・対策などがあれば共有していきたいと思います。