【ベトジェットの予約方法と搭乗記録】ベトナムのLCCであるベトジェットを使ってベトナム国内旅行してきました

【ベトジェットの予約方法と搭乗記録】ベトナムのLCCであるベトジェットを使ってベトナム国内旅行してきました

南北に1,650kmと非常に長いベトナムで国内旅行をする際はLCCが強い味方となってくれます。特にベトジェットは国内線の本数が多く、sky scannerで検索していただくと分かると思いますが、航空券価格もハノイかホーチミン発着の路線であれば、どの都市に移動する場合でも概ね1万円以下で購入可能です。

先日、私もホーチミンからドンホイまでの移動にベトジェットを利用しましたので、その予約から搭乗までの記録をお届けしたいと思います。

この記事では、

  • ベトジェットの予約方法
  • タンソンニャット空港での国内線の搭乗手続き

について紹介します。

ベトジェットの予約方法

ベトジェットのオンラインでの航空券予約は特別難しい点はなく、以下のベーシックな手順となっています。

①フライトを指定 → ②乗客情報の入力 → ③受託手荷物などのオプション追加 → ④決済

フライトを指定

まずベトジェットのサイトに行き、出発地と目的地を入力しを検索すると、対象のフライトが表示されるので、プロモ、エコ、スカイボスのランクを選択します。プロモは座席数が限られており購入がなかなか大変ですが、エコでも他航空会社と比較した際に最安値であることが多いです。

ベトジェットでは無料航空券など面白いキャンペーンをしばしば開催しているイメージなので、頻繁にベトジェットを使う人はチェックしておくとよいでしょう。最近だと新たにスタートするハノイ~関空の路線の0円キャンペーンがやっていました。

プロモ一覧が分かるページはこちら

乗客情報の入力

次に個人情報をガイドに従って記入していきます。パスポート番号などは予約時に記入する必要はないですが、住所は必須となっており、英語で記入するようにしましょう。

英語で住所をどうやって書けばいいか分からないという人は、こちらで住所を日本語入力すると英語表記に変換してくれるので活用してみてください。

また住所については、パスポートに記載されている通り苗字と名前を正確に入力をしないと最悪搭乗を断られる場合があるので、苗字と名前に関しては慎重にミスなく記入するようにしましょう。

荷物、座席などのオプション選択

次に座席の指定、受託手荷物などの追加オプションを選びます。ベトジェットは他のLCCと同じように、プロモやエコの座席ランクの場合、受託手荷物が標準では無しとなっており、座席指定も有料です。

また機内に持ち込める手荷物は7kgまでとなっており、他のLCCの航空会社と比較しても厳しめに見られるので、もし重量オーバーの懸念があれば事前に追加で受託手荷物のオプションを購入しておくのがおすすめです。チェックイン時に重量オーバーだと、割高な料金支払いが必要になってしまうので注意しましょう

決済

最後の決済ページですが、カードの支払い手数料が全体の金額に上乗せされますホーチミン→ベトナムでの移動では800円程度の手数料がかかりました。

また決済後のページで、このページをプリントしてくださいといった案内が出ますが、予約番号さえ分かっていれば問題なく、チェックインカウンターでもプリントアウトしたものを見せる必要はありませんでした。

ベトジェット搭乗記録

市内から国内線ターミナルへ移動

ホーチミン市内から空港までの移動ですが、国内線と国際線でターミナルが異なるため、タクシーを利用する場合は忘れずにドライバーに「「ドメスティック(国内線)」と伝えます。

空港に着くと、右手に自動発券機が10台ほど並んでいるので、セルフで搭乗券を発券します。(セルフでの発券が基本的にマストのようで、直接チェックインカウンターに行っても発券してくれませんでした。)

受託手荷物がある場合は、発券後にチェックインカウンターに行って預けましょう。

 

ここまで終えたら、あとはセキュリティチェックを受けるだけです。私が空港に着いた14時ほどはあまり混んでおらず、スムーズにチェックイン→セキュリティチェック→搭乗ゲートまで進めましたが、時間によっては混雑が予想されますので、余裕をもって行動することをおすすめします。ちなみにベトナムではセキュリティチェックでベルトを外さなければいけないのはもちろん、靴も脱ぐ必要がありますので注意しましょう

 

出発ロビーは2階がおすすめ

セキュリティチェック後の出発ロビーですが、1階は混雑しており売店なども少ないです。

一方で2階は1階と比べると空いており、喫煙ルームや飲食店、お土産屋などもたくさんあるので、時間をつぶすのは2階が断然おすすめです。wifiの強さも問題なく、快適にyoutubeを見ることができました。機内については、一般的なLCCのシートといった感じで、特筆するようなものはありませんでした。

最後に

上記のようにベトジェットの予約については、海外旅行や航空券予約に慣れている人であれば特に難しいことはないので、気軽に利用ができるはずです。

ただベトジェットは手ごろな値段で国内移動ができる代わりに、LCCということもあって荷物の重量には厳しめのであることは覚えておきましょう。

加えて、インターネット上で多数報告が上がっていますが、比較的遅延やキャンセルが多いようなのでベトジェットを使った移動を旅程に組み込む場合は、余裕を持ったスケジュールにしておきましょう。(私が今回利用したホーチミン~ドンホイ便も1時間強遅れました。)

 

ベトジェットの今後の展開に期待

今年の11月より、関空~ハノイの定期便がスタートすることが発表されており、さらに羽田~ホーチミンの路線も検討中となっています。ベトジェットはこれまで新規就航の際には、ビキニショーなど面白いプロモーションの仕掛けを行っているので、日本ではどのようなことが行われるのか楽しみです。東京~ベトナムの路線だと、フルキャリアのベトナム航空がセール時はLCC並に安いので、正直なところなかなか使い時がないかもしれませんが、もしそれよりも安く航空券を販売してくれるのであれば、ベトナムはご飯もおいしく、カフェが至る所にあって落ち着く国なので、ベトジェットを使ってたくさんベトナム旅行に行きたいものです。