【ジャカルタで古着を買う】古着マーケットならアロハシャツが一着300円

NO IMAGE

ジャカルタは東京の原宿、下北沢にあるような、洗練された雰囲気の古着屋は少ないのですが(見つけられてないだけかもしれませんが…)、いわゆるスリフトのような場所はあります。

 

バンコクの有名なウィークエンドマーケットの古着ゾーンみたいな感じなので、あの雰囲気が好きな人は楽しめると思います。興味がある方は参考にしてみてください。

 

ジャカルタにある古着マーケットの名前とアクセス

Pasar Senenという広大なマーケットの一部にあります。

モナスやGambir駅から車で10分程度でアクセスしやすく、マーケットの場所については駅からすぐ近くなので迷うことはないでしょう。

 

入口はこんな感じでバイクが大量に駐車されています。階段を上った先が古着マーケットです。

ジャカルタで古着が買える場所

 

古着が所狭しと並んでおり、少し埃っぽい感じは、まさにバンコクのウィークエンドマーケットそっくりです。

ジャカルタ古着マーケットのシャツ

 

洋服だけでなく、スニーカーやバッグを扱うお店も。

ジャカルタの古着マーケットのスニーカー

 

なぜか竜平会のブルゾンが!いろんな国からここに古着が流れてきているようですね。

ジャカルタの古着マーケットの竜兵会

 

掘り出し物はあまり多くはありませんが、アロハシャツなどの柄シャツは中々いいものがあり、実際に私も購入しました。また洋服以外にも、キャップやバッグ、そのほか装飾品も一通り売っていますので、興味がある方は時間を忘れて楽しめると思います。

 

古着を買う際の注意点

一応ですが、以下のことについては注意しておきましょう。

  • 通路がめちゃくちゃ狭いことに加え、人も非常に多いためスリには十分注意しましょう。

 

  • 煙草を手持ちしているおっさんがやたら多いです。すれ違う際に誤って手をぶつけてしまわないようにしましょう。

 

  • 値段交渉が必須です。決して言い値で買わないようにしましょう。外国人が全く来ないような場所のため英語は通じません。スマホの電卓などで希望の金額を提示するとよいでしょう。

 

余談ですが、ここのマーケットは1回大火事で丸焦げになったことがあります。原因は不明ですが、これだけ燃えやすいものが多いにも関わらず、煙草を手持ちしているおっさんが多いため、また火事になるのではないかと心配になりますね・・・

ジャカルタでわざわざ古着買う?

わざわざジャカルタにまで行って古着を買わなくても・・・と思う人が大半だと思いますが、どこに行っても好きなものは好きなのです。バンコクのウィークエンドマーケットで売っているような古着が多いので、もしかしたら同じようなところから流れてきているものなのかもしれません。

 

ジャカルタは観光地が少ないですが、こういったローカルな場所で買い物を楽しんだり、美容院でクリームバスを楽しんだりすることを覚えると、一気に居心地がよくなります。

あまり言葉が通じないところに行きたくないなあと最初のうちは思うかもしれませんが、一度勇気を出して行ってみてください!