【ジェットスター国際線】チェックインや座席指定など最低限覚えておきたいこと

【ジェットスター国際線】チェックインや座席指定など最低限覚えておきたいこと

ジェットスターに乗ってフィリピンのマニラまで先日行ってきました。

 

その際にジェットスターの国際線利用に関して様々な情報を集めましたので、次回乗るときにもう一度調べる必要が無いよう、「これだけチェックしておけば大丈夫!」といった内容のみ備忘録として残しておきたいと思います。同じくジェットスターの国際線に乗る方の参考になれば幸いです。

 

ジェットスター国際線に乗るときに覚えておきたいこと

オンラインチェックインは出発時刻の48時間前から2時間前まで

ジェットエア国際線のチェックインについて

出発2時間前までにオンラインチェックインはアプリでサクッと済ませましょう。

ジェットスターはアプリの使い勝手がよく、オンラインチェックインもアプリでサクッと行うことができますので、事前にインストールしておくことをおすすめします。

 

オンラインチェックインが済んでいればEチケットの印刷も必要がなく、空港についてからチェックインカウンターにてパスポートを見せて搭乗券をもらえばOKです。(国内線や海外空港発の一部国際線利用者は、アプリでオンラインチェックインを済ませていれば空港でチェックインカウンターに寄る必要がなく、直接保安検査場に向かえますが、日本発の国際線についてはオンラインチェックインを済ませていても一度チェックインカウンターに寄る必要があります。そのためオンラインチェックインを済ませていても、国際線のチェックインカウンター締め切り時間に間に合うように空港に到着しておくようにしましょう。フライトに寄りますが国際線のチェックインカウンター締め切りは出発の45分前、もしくは60分前となります。)

 

ジェットスター国際線は成田空港の第3ターミナルを利用

LCC向けにオープンした第3ターミナルからジェットスター国際線は出発します。

 

京成本線・JR線を空港第2ビル駅が最寄り駅となりますが、徒歩15分と結構かかるので時間には余裕を持つように気を付けましょう。荷物を持っていると思った以上に遠く感じる距離かと思います。(以下の図は成田空港HPより)

ジェットスター国際線出発の第3ターミナルへの向かい方

 

成田空港の第3ターミナルはコンパクトなので、着いてしまえば迷うことはないでしょう。コンビニや広いフードコートもあるので、フライトに機内食を付けていない人は出国前にご飯を食べていくのもおすすめです。フードコートには、 宮武讃岐うどん、フレッシュネスバーガー、リンガーハット、TATSU SUSHIなどバラエティ豊かなお店が出店していましたよ。

 

ちなみに関西国際空港発は第1ターミナルビル4階、中部国際空港はターミナル3階になります。

 

ジェットスターの機内手荷物の重量制限7kgは厳密

ジェットスター国際線の機内手荷物の重量制限は厳密

ジェットスターの手荷物の重量チェックはLCCの中でも非常に厳密です。

 

これまで私は頻繁に東南アジアに行っているので、主要なLCCの国際線にほぼほぼ乗ったことがありますが、ほとんど機内手荷物を量られたことがありませんでした。これは私の機内手荷物が非常に軽そうな見た目をいつもしているからなのですが、ジェットスターでは目視での判断は全くしておらず、形式的にすべての乗客の機内手荷物の重量をチェックしているようでした。

 

数百グラムであれば重量制限を超えていても許してくれる航空会社も多いですが、ジェットスターの場合は少しでも超えていると追加料金を支払わされるので、荷物のパッキング時点で重量が7kgに収まっているか必ずチェックしておきましょう。仮に空港で7kgオーバーが発覚したら、重い電子機器類をポケットに詰め込んで凌ぐしかありません。

 

事前に絶対に荷物が7kgを超えることが明らかな人は、予約段階で追加料金を支払い受託手荷物を追加するか、機内手荷物の重量制限を7㎏から10㎏に拡張しておきましょう。

 

ジェットスターは当日の座席指定は席が空いていれば可能

ジェットスター国際線の当日座席指定

100%とは言い切れませんが、座席は混雑していなければ当日チェックインカウンターで変更できそうです。

 

ジェットスターでは追加料金を支払って座席指定をしていないと、オンラインチェックイン時に自動で席が割り振られます。私が割り振られた席は機内中央あたりの真ん中の席で少しげんなりしましたが、当日のチェックインカウンターにて非常口側の足元の広い席が空いているので変更しますか?とジェットスターのスタッフ側からご提案いただきました。

 

このことからも席が空いているのであればある程度融通が利きそうですので、オンラインチェックイン時に微妙な位置の席に割り振られてしまった人は、早めにチェックインカウンターに向かい席の変更を申し出で見るといいかもしれません。

 

出国後にもセブン銀行のATMがある

ジェットスター国際線に乗る際に覚えておきたいATMの場所

第3ターミナルの出国後すぐの左手にセブン銀行のATMがあるので、お金を卸し忘れたという人も安心です。

 

ただ利用可能時間が7:00~22:00であることに加え、1回で3万円までしか引き出せないので注意しましょう。

 

ジェットスター国際線は上記をチェックしておけば一旦OK

細かい懸念事項は人によって様々あるかとは思いますが、一旦は上記の内容をチェックしておけばジェットスターの国際線に乗るうえでは問題ないでしょう。

 

他のLCCに比べて良い意味でも悪い意味でも緩さがなく、システマチックな運用がなされているのがジェットスターの特徴のように感じます。ただ評価としては、毎年LCCの中でも上位で、こうしたレギュレーションの厳しさが、運行時のトラブルの少なさを実現ているのかもしれませんね。

 

別の記事でジェットスターの搭乗機も記事にしたいと思いますので、チェックしてみてください。