科学的に証明されている旅の効能について。ハイパーメディアクリエーター高城剛さんが述べる「アイデアと移動距離は比例する」は本当だった。

科学的に証明されている旅の効能について。ハイパーメディアクリエーター高城剛さんが述べる「アイデアと移動距離は比例する」は本当だった。

いつも先の旅行のことで頭がいっぱいになっていませんか?

旅は中毒性がありますよね。日々ストレス社会でメンタルをすり減らしながら働いている私なんかは、海外に行った時の解放感が大好きですし、知らない土地に足を踏み入れるときはいつもわくわくが止まりません。一時沢尻エリカさんと結婚して、テレビにもたびたび登場するようになり有名となった高城剛さんは、ノートPCを持って世界中をまるで旅をするように移動しながら働かれており、当時羨ましいなあと思いながら見ていましたが、彼は「アイデアと移動距離は比例する」と述べたことがあります。

テレビによく出られていたころは、ハイパーメディアクリエーターという派手な縦書きで活動されていたことから、若干胡散臭い人だと思っている人も多いのではないかと思いますが、高城剛さんの映像や広告の世界などでのクリエイターとしての実績はすごいものがあります。日本大学芸術学部在学中に東京国際ビデオビエンナーレ展でグランプリを獲るなど、学生の頃から他の人と一線を画すクリエイティブな作品を生み出してきた高城さんが、「アイデアと移動距離は比例する」と述べることには何か説得力がありますが、実際に調べてみたらやはり多くの移動を伴う旅と創造性の関連は科学的にも証明されているようです。

ここでは旅がもたらす効能にはどんなものがあるのか広く見ていきたいと思います。

旅の効能とは?

travel

創造性が増す

旅は人種国籍問わず様々な人との出会いがありますし、見知らぬ土地に身を置くこととなります。新しい音、匂い、言語、味覚、光景などは全て脳のを活性化するのです。コロンビアビジネススクール教授のAdam Galinskyは海外での経験は認知の柔軟さと思考の深さの双方を強化すると述べていますが(※1)、このことは異種のものを統合して新たなものを生み出すことにつながります。ファッションのジャンルでも海外での活動経験があるクリエイティブディレクターの方が、より創造的なアウトプットをし続けていたという研究結果もあるなど、異文化に身を置くことは高城剛さんもおっしゃるように創造性に大きな関係があるようです。

免疫システムがより強固になる

あまりに清潔な環境で育った人より、そこまで清潔ではない環境下で育った人の方が、免疫力が強くなりアレルギー等になりづらいということが最近テレビでも取り上げられるなどしていいますよね。細菌とは必ずしも悪いものというわけではありません。旅をしていると見知らぬ土地をたくさん訪れることになるかと思いますが、そうした異なる環境にさらされる中で何千もの新しい細菌に適応していくことが自然と求められ、結果的に免疫力が高まり強い体となっていきます。

身体が健康になる

旅をしているとその地で様々な観光地を巡ったり、アクティビティにトライしたりと、普段の週末よりも活動的になりますよね。たとえビーチリゾートであったとしても、砂浜で移動するには普段よりも足に負担がかかっているはずです。このように旅をしている間は、気づいていないかもしれませんがあなたを健康的に過ごさせています。

心が健康になる

身体だけでなく心にも旅は大きな効能を持っています。旅をすることで幸福な気分が増し、憂鬱な気分が軽減することが証明されており、こうしたストレス軽減効果は旅をしている最中だけに限らず、旅が終わり家に戻った後でも数週間継続するということが研究で認められています。

これに関連して、毎年旅をしている人は心臓発作といった心臓に関わる病になりにくいといった研究もあるなど、定期的に旅をすることはストレスを緩和し心を健康に保つことに有効なようです。ただし気の合わない友達と一緒に行ってしまうと、下手をすると意見の食い違いが頻発して返ってストレスが溜まってしまうこともあるかと思いますので、ストレス解消には気の合う友達と行くか、自由を満喫できる一人旅がいいでしょう。

長生きになる

研究によると国内や国外といった距離や旅の形式に関わらず、旅をしている人は長生きをする傾向にあります。これは上記した内容のまとめのようなところがあるのですが、旅をすることはストレスを軽減し、体の健康を良好に保ち、脳の健康も向上させます。これらの相乗効果により、旅をする人は長生きしやすいということです。

まとめ

海外にいる間は、心が生き生きとしていると感じる人は私だけではないでしょう。実際に旅がもたらす心身への効果は大きなものであり、長生きにも貢献していると科学的に証明されています。また旅と創造性の関係は非常に興味深く、高城剛さんがおっしゃる「移動の距離とアイデアは比例する」という言葉通り、コンフォートゾーンから抜け出し、自分に全くなじみのない異文化環境に飛び込むことは、クリエイティブな思考を育成するうえで大切なことと言えます。私も最近は東南アジアの行ったことのある国ばかりを何度も行ってしまっているので、長期休みが取れたら南米やアフリカにも行ってみたいなあ・・・。

 

【出典】※1https://www.theatlantic.com/health/archive/2015/03/for-a-more-creative-brain-travel/388135/

The following two tabs change content below.
ピカソ

ピカソ

都内ベンチャー勤務の社会人1年目。組織に依存しない起業家的な働き方を模索中。東南アジアとアイドルが好き、TOEIC860、仮想通貨は中華銘柄多め。ブログでは東南アジア中心にお役立ち情報を発信します。

旅行豆知識カテゴリの最新記事