【隠れた名所特集】バリの代わりにスンバ島?今年は有名観光地に代わりに隠れた名所に行ってみよう!

【隠れた名所特集】バリの代わりにスンバ島?今年は有名観光地に代わりに隠れた名所に行ってみよう!

GWや夏休みが近づいてきていますね!有名観光地に行くのもいいですが、知名度はそれほど高くなくても魅力満載な場所が世界中にたくさんあります!今回はそうした「隠れた名所」をみていきたいと思います。

有名観光地に人が群がりすぎ問題

最近は有名観光地に人が集まりすぎているということを知っていますでしょうか?一見観光客が多いということは、都市とにっては経済効果があり嬉しい話に聞こえますが、「多すぎ」というのは考え物ものようです。例えば建築家ガウディのサクラダファミリアなどがあり、スペイン一の観光都市であるバルセロナは、昨年3月に市長が「2020年に向けた観光都市計画」の中で観光客削減のための規制などを示したほどで、近年の観光客急増に頭を悩ませています。どれほど多いかというと東洋経済オンラインによると、年間観光客数は約3200万人で同市の人口(160万人)の約20倍にも上るというのです。その弊害として騒音や道路混雑など様々なものが挙げられており、住民がデモを行うなど排斥感情が高まっています。

有名観光地の代わりに隠れ名所に行こう!

そんな中ALTERNATIVE AQUITAINEが「有名観光地の代わりに訪れるべき旅行先トップ10」と題して、面白い記事を出していたので見てみましょう。左が有名観光地で、右がその有名観光地に代わる隠れた名所としておすすめされている観光地になっています。

Alternative_Destinations

アジア圏だとタイのチェンマイとインドネシアのバリが有名観光地として取り上げられ、その代わりの旅行先として、それぞれチェンライと、スンバ島がおすすめされています。(正直ベニス、バリなど超有名観光地が挙げられている中で、チェンマイがチョイスされている点は若干疑問ではありますが。)

この中で私が特に注目したのではバリの代わりとして挙げられているスンバ島です。インターネット上にはあまり旅行記がなく、日本人にもなじみが少ない場所かと思います。しかし調べてみたら非常に魅力のある島で本当に行きたくなりました!以下にその魅力を紹介します。

スンバ島の魅力とは?

スンバ島はバリから東の方向へ400㎞ほど行った先にある島で、飛行機で1時間ちょっとで行けてしまいます。

美しいラグーンで楽園気分を味わう

Weekuri Lakeは非常に透明度の高いエメラルドグリーンが美しいラグーンです。まるで別世界のような雰囲気ですよね。岩場からダイブしたり、のんびり泳いだりしたら最高に気持ちよさそうです。

Weekuri 4

美しいビーチでのんびりする(サーフィンするなら尚最高)

下の画像はTarimbang Beachのものですが、人があまりおらずエメラルドグリーンの美しいビーチを独り占めできます!Tarimbang Beachのほかにも、島にはMarosi BeachMandorak BeachWatu Malado Beachなど美しいビーチがたくさん存在していて、どこも日本では見られないような美しさがあります。またサーファーにも愛されており、サーフィンが趣味の人はうってつけの場所です。

Tarimbang

原住民の村を訪れ、異文化に触れる

原住民の村では、独自のマラプという宗教に基づく特徴的な建築や暮らしぶり、また伝統的な宗教儀式を見ることができます。さらにお土産に適したハンドメイドの製品なども作っているようで、売り上げの一部はローカルコミュニティに還元されています。

まとめ

有名観光地がそれだけたくさんの人々を引き付ける魅力を持っていることは確かです。しかし普段知るきっかけがないだけで、それらの有名観光地に負けないくらいの魅力を持っている場所はまだまだ世界中にいくらでもあります。また有名観光地だと、外国人だらけで風情がなかったり、お店の人がすれていてぼったくりに会いそうになったりすることも多々ありますが、マイナーな場所だとそうしたことも少ないでしょう。

今回はスンバ島を取り上げましたが、私自身もこんなに資源豊かで魅力ある島がバリからさほど離れていない距離にあるとは思いませんでした。LCCなどで以前よりもコストをかけずに海外に行きやすくなったので、浮いたお金でさらに国内線を乗り継ぎ、これまであまり目を向けていなかったようなマイナーな地域を訪れてみるのも面白いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
ピカソ

ピカソ

都内ベンチャー勤務の社会人1年目。組織に依存しない起業家的な働き方を模索中。東南アジアとアイドルが好き、TOEIC860、仮想通貨は中華銘柄多め。ブログでは東南アジア中心にお役立ち情報を発信します。

東南アジア情報カテゴリの最新記事