【下北沢で古着買取】ニューヨークジョーとフロリダで古着買取をしてもらいました

【下北沢で古着買取】ニューヨークジョーとフロリダで古着買取をしてもらいました

引っ越しが間近になり、メルカリではなかなか売れない古着をまとめて下北沢の古着屋で買い取ってもらってきたので今回はそのレポートです。古着を持ち込んだのは下北沢でも有名なニューヨークジョーフロリダになります。

 

他の古着屋では中々値を付けてくれないようなノーブランド品やレギュラー古着も買取してくれるため、古着の整理をしたいときに上記の2店は非常に重宝するのですが、それぞれ一長一短あるのでご紹介したいと思います。

 

また古着を買取に持ち込む際の注意店についても記載していますので、買取を検討している方は参考にしてみてください。

 

下北沢のニューヨークジョーとフロリダで古着を買取してもらった結果

ニューヨークジョー(NEW YORK JOE EXCHANGE)

ニューヨークジョー独自の買取基準でノーブランドでも値が付くのが◎

次は最近渋谷にも店舗を新規オープンしたニューヨークジョーです。下北沢店の入り口にはいつも古着が詰まったIKEAの袋が大量に置いてあり、買取に持ち込むお客さんが非常に多いことがうかがえます。

私もニューヨークジョーでIKEAの大きな袋一杯分の買取をお願いしました。このIKEAの袋一杯分で45リットルに相当するのですが、持ち込みの量が90リットルオーバーになる際は、事前予約がないとお断りとなる場合があるので、要注意です。また買取の持ち込みは1日1回までになっていますので、買取に出したい古着が超大量にある場合は日を分けるか、他店舗(吉祥寺店か渋谷店)を利用する必要があります。

古着はIKEAのバッグで持ち込む

 

 

ニューヨークジョーに持ち込んだ古着を一部紹介

基本的に都内もしくはアメリカで買ったレギュラー古着が中心です。完全なノーブランドから、古い時代のDiorやイブ・サンローラン、最近のストリートブランドなど様々なものもまとめて持って行きました。

 

ニューヨークジョーでの買取金額はIKEAの袋一杯分(45ℓ)で1万円強

総額1万強の買取金額となりました。レギュラー古着中心で1万円を超えたので上出来ではないでしょうか。。支払いは現金もしくはお店の古着との交換になります。

 

古着との交換の場合は査定額の倍額分の古着と交換できるため非常にお得ですが、査定額の倍額分を1回の購入で使い切らねばならない点は注意が必要です。(2万円分の古着と交換できる権利を持っていた場合、1万円分ずつ日を分けて利用することができない)ただ現金での支払いもしくは、古着との交換の有効期限は1年間と比較的長めなので、まめにブログやTwitterをチェックして、めぼしいアイテムの入荷を待ち交換するのも良いでしょう。特に月初の日曜日に行われる、店内アイテムが全品半額となるセール”THE FIRST SUNDAY SALE”の翌日は新商品が大量入荷するので、このタイミングでの交換が狙い目です。

 

ニューヨークジョーは吉祥寺店でも買い取りに出したことがありますが、店舗共通の買取基準があるので、査定額に差は基本的にありません。お店の方にどういうアイテムに高値が付くか伺ったところ、いわゆるグッドレギュラーであると一段高い値が付くことが多いようです。

 

フロリダ(FLORIDA)

下北沢のフロリダ

フロリダでは古着をお米と交換できる

フラミンゴのマークが象徴的なフロリダです。基本的にはニューヨークジョーと同様の買取システムとなっています。フロリダの特筆すべきところは、なんといっても古着以外に買取金額の倍額分のお米と交換できる点です。買取金額が1万円であれば、古着もしくはお米と交換できる2万円分のコメージングチケットが提供されます。

 

このお米との交換システムは洋服を買いすぎて食費に困った人を救済するために作られたとのことで、三度の飯より洋服が好きという方はフロリダにいらない洋服を持ち込みましょう。

 

フロリダに持ち込んだ古着の買取価格を公開

少し小物が多いですが、ニューヨークジョーに持ち込んだアイテムとほぼ同等の質と量になります。こちらも合計で1万円ちょっとなりました。

フロリダの古着の買取価格

ただニューヨークジョーが買取から1年以内であればいつでも現金の支払い、古着との交換を受け付けてくれるのに対し、フロリダは一週間以内に現金での支払い、もしくは古着やお米と交換できるコメージングチケットとの交換を選択しなければいけません。またコメージングチケットの有効期間も2カ月と短い点には注意が必要です。

 

ニューヨークジョーやフロリダで古着の買取を出す際の注意

ニューヨークジョーも、フロリダも「店頭で売れるアイテムであるか」が絶対的な査定基準です。

 

下北沢の街柄からして、来店するお客さんは古着好きで、派手なファッションを好む若者が多いです。そのため持ち込んだアイテムが例えハイブランドであっても、シンプルだったり、地味だったりすると、期待外れの買取価格になるか、店頭に置けないと判断されてキロ買取になる可能性が高いです。そうしたアイテムはメルカリに出品して、我慢強く売れるのを待つのがいいでしょう。グーグルマップの口コミで星一つなどの低評価をつけている人は、この点を理解していなかった人たちによるものだと考えられます。(「ブランド品なのに全く値が付かなかった」といったクレームを記載している方が何人かいます)

 

ニューヨークジョーもフロリダも査定後はキャンセルができませんので、上記のことは注意するようにしましょう。

 

ニューヨークジョーとフロリダの古着買取についてまとめ

ニューヨークジョー フロリダ コメント
査定 ・査定額は45ℓで1万円程度
(レギュラー古着中心の場合)
・混雑によるが即日査定&支払い可能
・査定額は45ℓで1万円程度
(レギュラー古着中心の場合)
・混雑によるが即日査定&支払い可能
両者の買取金額に大きな差はありません。
ただ扱う古着の傾向が異なるため、高値がつきやすい洋服が異なると思われます。(ニューヨークジョーはSupremeなどのブランドも多いですがフロリダでは扱いがなく、代わりにフロリダはヴィンテージが多いです。)
買取金額の支払われ方 ・現金での支払い
・査定額の倍額分の古着との交換
・現金での支払い
・査定額の倍額分の古着との交換
・査定額の倍額分のお米との交換
フロリダが行っている古着とお米と交換は、他のお店ではやっていない特徴的なサービスになっています。
仮に2カ月の有効期限内に気に入る古着が見つからなくても、余ったコメージングチケットをお米とまとめて交換することができ、無駄になりません。
買取金額の支払いの有効期限 ・現金での支払い、古着との交換に関わらず、有効期限は買取から1年間 ・現金での支払いか、古着もしくはお米と交換可能なコメージングチケットでの支払いにするかを1週間以内に選択しなければならない

・コメージングチケットは2カ月間有効

有効期限はニューヨークジョーの方がかなり長いです。
フロリダのコメージングチケットは有効期限が2カ月間と短く、コメージングチケットでの支払いを選んだ場合、現金での支払いに変更することはできません。
古着との交換のしやすさ ・査定額の倍額分を1回の購入で使い切らなければならない。 ・1,000円単位でコメージングチケットを利用することができる 古着との交換のしやすさはフロリダに軍配があがります。
特にニューヨークジョーは買取金額が高額になった場合、一度の購入で買取金額の倍額分の古着を選ぶのは大変です。

 

ブランド品が多いとなると、同じく下北沢に店舗を構えるBAZZSTOREなどのブランド古着屋に最初に持ち込むのがよいと思います。そこで値が付かなかった古着やレギュラー古着中心の持ち込みに関しては、ニューヨークジョーとフロリダがしっかりと値を付けてくれるのでおすすめです。ただ上記のように両者はそれぞれ一長一短あるので、好みに合わせて使い分けましょう。